話題のEAA!EAAの効果と飲み方とは?

EAA サプリメント

話題のEAA!EAAの効果と飲み方とは?

トレーニング中にEAAやBCAAは欠かせないサプリメントですが、BCAAやEAAとはなにかご存知でしょうか?

どちらも必須アミノ酸のことです。

EAAは、必須アミノ酸(Essential Amino Acid)の頭文字をとってEAAといいます。BCAAは、バリン、ロイシン、イソロイシンの総称で、この3つは構造が分岐しているので、分岐鎖アミノ酸(Branched Chain Amino Acid)といい頭文字をとってBCAAといいます。

今回は、EAAについて効果や摂取方法などを解説していきます。

EAAとは

前述しましたがEAAとは、必須アミノ酸のことで(Essential Amino Acid)の頭文字をとってEAA呼んでいます。

アミノ酸は、タンパク質を構成しており身体づくりには欠かせない栄養素です。

必須アミノ酸とは、ヒトが自ら生合成できないもしくは生合成しにくいアミノ酸のことで、体外から摂取しなければなりません。

必須アミノ酸は、以下の9種類です。

  • バリン
  • ロイシン
  • イソロイシン
  • リジン
  • スレオニン
  • フェニルアラニン
  • メチオニン
  • トリプトファン
  • ヒスチジン

EAAの効果

EAAの効果は簡単に言うとBCAAとプロテインの両方の効果が得られます。

BCAAの記事とかぶりますが解説します。

 

筋肉がつく

筋肉を増やす(筋肥大)

ヒトは、インスリンやアミノ酸が多い状態になるとタンパク質合成を増加させるmTOR経路が活性化し、筋肥大が起こりやすくなります。

EAA中のロイシンは、インスリン分泌の活性化をする働きとmTOR経路が活性化する働きがあり筋発達に活躍します。

またロイシンは筋肥大を阻害するミオスタチンという物質を減少させてくれるため、筋肥大が起こりやすいカラダ環境を作ってくれています。

回復の促進

スポーツやトレーニングによって破壊された筋肉は、筋肉のダメージの指標であるクレアチンキナーゼという酵素が増えます。クレアチンキナーゼが高いほど疲労が溜まっているということになります。

EAAはそのクレアチンキナーゼの活性を弱める働きがあり、筋肉のダメージを軽減し、回復を早めてくれます。

また、前述したようにインスリンの活性化させる働きもあるため筋グリコーゲンの回復も早めてくれます。

EAAが脂肪酸からのエネルギー合成を高めることにより、グリコーゲンが枯渇した状態でも筋肉のダメージや疲労を減らしてくれます。

ダイエット効果

EAAを摂取することにより熱生産が高くなります。つまり代謝が良くなるため体脂肪減少が促進されます。

また、レプチンという満腹ホルモンの感受性を高めてくれるので、食欲を抑えられる働きがあります。

美容効果

タンパク質は筋肉だけでなく、肌や髪の毛を作る材料にもなりますので、美容効果も望めます。

EAAの摂取方法

EAAを飲むタイミング

食事やプロテインからも摂取することはできますが、その場合タンパク質が消化分解され、ペプチドもしくはアミノ酸となり吸収されるので吸収がゆっくりです。
一方、EAAサプリはすでにアミノ酸になっているため吸収が早く、トレーニング前(プレワークアウトドリンク)やトレーニング中(イントラワークアウトドリンク)に摂取するのが最適です。

トレーニングの30分前から少しずつ飲み始めトレーニング中にも飲むと効果的です。

EAAの摂取量

EAA量で15g以上が効果的です。

BCAAはインスリンを活性化してくれる働きがあるので同時に糖質(デキルトリンなど)を摂取すると相乗効果が期待できます。

おすすめEAAご紹介!!

まとめ

今回は、EAAについて効果や飲み方を解説しました。EAAを飲むメリットは多く積極的に摂取してもらいたいサプリメントです。少しでもご参考になれば幸いです。

 

おすすめ記事

なりトレ 1

今回は、お尻の神様「なりさん」が運営する女性専用パーソナルジム「なりトレ(NARITORE)」のご紹介をします。 最後には、体験パーソナルトレーニングが無料になる特典もありますので最後まで読んでくださ ...

-EAA, サプリメント
-

© 2021 Fitness Learning Powered by AFFINGER5